水沢形成外科医院

TEL:0197-47-4700 FAX:0197-47-4701 休診日:木曜・日曜午後・祝日 診療時間:9:00~12:00 14:00~18:00

施術概要

「切り傷」「擦り傷」「手術」「にきび」などさまざまな原因で生じた「傷痕」をより目立ちにくくする治療で、「刺青除去」も含めて広い意味でのいわゆる「傷直し」となります。形成外科での保険診療と密接に関連し、言わば通常の形成外科診療と美容外科診療をダイレクトに結びつける窓口に相当する領域でもあり、関節拘縮などの機能障害を伴う「傷痕」を初めとして保険適用となる場合があります。

当院ではフラクショナル・レーザーによる治療と手術療法の2つの方法を採用しており、ケミカルピーリングやダームアブレーションは行っておりません。レーザーと手術いずれの方法による場合でも、術後の日焼け対策やテーピングが大切な役割を果たします。

1. レーザー・ピーリング

再生を促し、明瞭な境界を伴う目立つ「傷痕」を、境界不明瞭でより目立たない正常皮膚に近い「傷痕」にする方法です。「にきび痕」など、一つ一つは小さいながらも広く散在することにより全体としては目立つ「傷痕」の治療には特に有効です。

麻酔はクリーム麻酔が中心で、必要に応じて局所麻酔注射を行うこともあります。所要時間は照射範囲にもよりますが、たいていの場合30分以内で終わります。治療後は上皮化(照射したところに新たな皮膚が再生される)まで原則としてご自宅で軟膏処置を行って戴きつつ、定期的な外来通院にて経過を注意深く追って行きます。ダウンタイムは7~10日が目安となりますが、その後も少なくとも3~6か月間は十分な日焼け対策と、過度のストレスを避けた正しいスキンケアがとても大切になります。

2. タトゥー・レーザー

Qスイッチ・ヤグレーザー照射による「刺青除去」をご提供しております。1064nmと532nmの二つの波長を選択でき、照射エネルギーを調整することにより黒~褐色の刺青だけでなく赤や黄のカラー刺青にも対応出来ます。例えばハガキ1枚程度以上のサイズがある刺青などで、切除後に縫い閉じることが困難もしくは不可能な場合や、植皮術の傷痕を避けたい場合には、レーザー照射による治療が第一選択となります。

麻酔はテープ麻酔やクリーム麻酔を行います。所要時間はごく小さいものでは数分で終わりますが、大きなものでは1時間以上を要する場合も珍しくありません。そして治療回数ですが、一般的に1~2か月の間隔で5~10回の照射が必要になることをあらかじめご理解ください。ダウンタイムは3~7日であり、レーザー照射後の一般的注意事項として、日に当たる部位では治療期間中の日焼け対策とスキンケアがとても大切です。除去が困難な部分に対しては切除縫縮を行ったり、フラクショナル・レーザーや高周波ラジオ波による治療を併用することもあります。

3. 切除縫縮

形成外科・美容外科としては最も基本となる手術です。線状や楕円形など切除した後に縫い閉じることが出来る「傷痕」や、一度の治療で除去したい「刺青」の場合、この「切除縫縮術」が第一選択となります。

麻酔は「傷痕」の大きさや場所にもよりますが、ほとんどの場合で局所麻酔の手術となり、手術時間も30分から1時間で終わるケースが多いです。手術翌日から創部もシャワー浴ができ、またシャワー浴のあとに簡単な軟膏処置を毎日行って戴きます。抜糸は1週間後を目途に行います。抜糸後も3~6か月間は日焼け対策やテーピングを行うことが、よりよい結果を得るためには大切となります。6か月経過した段階でさらに「傷痕」を目立ちにくくしたい場合、フラクショナル・レーザーによる治療を引き続き行う方法も効果的です。

4. 皮弁形成

「傷痕」や「刺青」の切除後に、そのまま縫い閉じるのでは正常な皮膚に負担がかかり過ぎてまた目立つ「傷痕」となったり、顔の表情や関節の動きなどに悪影響を及ぼすことが危惧される場合には、周囲の正常皮膚を上手く利用して傷を閉じる「(局所)皮弁形成術」を行います。

麻酔や手術時間、術後の注意事項は「切除縫縮」と変わるところはありません。術後安定期でのフラクショナル・レーザーによる追加治療は、「切除縫縮」よりも術創が複雑になりがちな「皮弁形成術」ではさらに効果的なことが多いです。

5. 植皮

「傷痕」や「刺青」の切除後に、そのまま縫い閉じることはもとより、部位による組織量の制約などの理由で「皮弁形成術」も難しい場合には、ご自身の皮膚を別の場所から採取して移植する「植皮術」を行うことがあります。形成外科領域では広範囲熱傷などの治療に常用される方法ですが、採皮部の傷痕が追加されること、植皮部の傷痕も「パッチワーク」様となりやすく、一般的に申し上げて仕上がりは決して美しいものではない場合が多いことから、美容手術としては極力避けたい方法ではあります。美容診療としては止むを得ない状況により行う言わば「最後の手段」であり、この方法の選択にあたっては、コンサルティング外来で十分にご相談戴くことをお勧め致します。

麻酔は局所麻酔で可能なことも多いですが、面積が広い場合は全身麻酔をお勧めすることもあります。「植皮術」には「全層植皮術(皮膚全層を移植)」と「分層植皮術(皮膚を薄く部分的に採取して移植)」の2通りの方法がありますが、植皮部がより美しく整容的に望ましいのは「全層植皮術」です。採皮部はそのまま縫縮出来るというメリットもあり、「傷直し」の手術としては原則として「全層植皮術」をお勧めしています。ただしこの方法は対応出来る面積に一定の限りがあり、それを超える場合には「分層植皮術」を選択せざるを得ません。分層採皮創は創傷被覆材の貼付などにより皮膚が再生されますが、色素沈着・脱出や質感の相違、あるいは肥厚性瘢痕(傷痕が元の傷を超えない範囲で盛り上がる)などにより、全層採皮創に比べて目立ってしまうことが一般的です。

植皮部はガーゼを糸で固定(タイオーバー)します。固定の除去は1週間後に行いますが、その後もしばらくは軟膏処置の継続を必要とすることがあります。上皮化後のお手入れですが、日の当たる部位では十分な遮光と保湿が必要です。